2005年04月30日

クローバー 聖戦士ダンバイン ソフビ人形4体セット

sofbi4.jpg

ビランビー(左下)とダーナ・オシー(右上)の色がかぶってしまうため、カラーリングのバリエーション上、 ダーナがグリーンになっているのでしょうね。

ブリスターが所々、割れてしまっています。ネズミにかじられたのか、年数による傷みなのか。中身は無事なので良しとしましょう。
posted by swampy at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション 玩具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜不便なゼラーナ〜

子供の頃から、建物の間取り図や、設定画の戦艦やコクピットの内部構造を眺めているのが大好きで、どれだけ見てても飽きないんです。ゼラーナの設定画もいったい何時間見たことか。変わってますか?

その構造や仕組みは理にかなってるのか、理にかなってなくても複雑で楽しいか、どんなものを入れることができるか、何をするための部屋か、その部屋には誰がいるか、実際に作ったらどんな矛盾があるか、などなどキリがないのでこの辺で。こういうことをする仕事に就けばいいのでは?と思いますけど、数字は苦手。

ゼラーナの構造は、とっても複雑で不便です。まず格納庫が開放的過ぎますよね。劇中でもクルーが、何度かデッキから外へ放り出されそうになったりします。飛ぶ物なんだからさぁ‥‥たいへん危険でございます。

今回図で描いてみたのは、ブリッジにいるパイロットが、オーラ・バトラーに乗り込むために通るルートです。

zelerna.gif


‥‥凄まじい重労働です。
まずブリッジから下に。ここは、はしごを使わずに手すりを使って、スルスルと下りるシーンがよくあります。そしてそこから外へ。これは危険。撃たれたらどうするんですか!?下のキャプテンズルームに下りるには、フタを開けなければいけません。この作業中にも撃たれます、きっと。気をつけてっ。

階段を下りて、二段ベッドや机のあるキャプテンズルームへ。そこからまた下へ。すると格納庫に出ます。この格納庫の上にある足場からABに乗ることができればいいのですが、ちょっと高さがあるみたいです。

そしてガンルームの横を通り、階段を下る。サイドデッキの上にある、ちょっと高いところに出ます。そこからすぐまた階段を下り、サイドデッキ。サイドデッキから一番下のデッキも階段で。これでゴールです。

まあ、パイロットはガンルームで待機してりゃいいのですが、ブリッジですし詰め状態になって、話し合いしてることが多いから仕方ありません。

艦首の銃座や、フォウに乗るのもたいへん。サイドデッキからさらに外に出て、あのラピュタの海賊船を思わせる吹きっさらし部分を渡らないと行けない。ワイルドです。

こんな事を考えながらニヤニヤしてる人生です。
posted by swampy at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダーナ・オシー

illust_dana.jpg【スペック】
全高 7.6メット
乾重量 5.2ルフトン
オーラ係数 0.65
必要オーラ力 10オーラ
限界オーラ力  
巡航速度 160リル
最高速度 190リル

【武装】
・ソード
・四連装ミサイル・ランチャー

ショットが開発したオーラ・バトラーの情報を入手して、ギブン家が独自に開発したオーラ・バトラー。


【搭乗者】
マーベル・フローズン/キーン・キッス/リムル・ルフト/ミの国、ラウの国兵士等

【初登場】
#1「聖戦士たち」 ラース・ワウの園遊会で マーベル搭乗

【登場話(パイロット)】
#1〜#3(マーベル) #4〜8 #10(一般兵) #22(リムル) #23(キーン、リムル) #24〜25(リムル) #28(一般兵) #32(一般兵)

#10「父と子」では、ゼラーナの格納庫で修理中のダーナが出ています。オーラ・マルスなどの、ABの内部構造がみることができます。

ゼラーナ隊のダーナは、#25「共同戦線」で出撃したときに、パイロットのリムルをバーンとトッドに連れ去られます。そして残った機体をバーンがショウのダンバインに投げつけて、海の中へ落ちてしまいます。それ以降登場の場がありません。

ショウ→ダンバイン、ボチューン→マーベル、ボゾン→キーンと、他に搭乗するABは揃っていたので、回収もせずに御役御免というわけです。

#1から出ていることから、けっこう登場しているかと思いきや、それほどでもないです。後半は出番を失いましたし。マーベルが乗っているのも序盤だけです。

頭部は悪魔像的な山羊をモチーフにしています。美女が乗るので、ギャップのある悪っぽいデザインにしたそうです。子供の頃はあまり好きになれなかったけど、だんだんと好きになりましたね。
posted by swampy at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラ・バトラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

クローバー ミ・フェラリオ チャム・ファウ ドール

20030704025.jpg 20030704022.jpg

当時の少年たちはチャムよりも、オーラ・バトラーに目に向いていたと思いますし、欲しいと思っても、男の子は手が出しにくいものだったのではないでしょうか。

チャムはもともとがモコモコした髪型なので、ドールには向いてるような。服をもっと似せて欲しかった。

#33「マシン展開」の小笠原基地ので、司令官皆川が「本土ではこんなものも売られている。」と、チャムの人形をショウとチャムに見せるシーンがあります。作品と商品がリンクしていてとても面白いですね。
posted by swampy at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション 玩具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クローバー SF FANTASY FIGURE 1/60 ダンバイン

20030608009.jpg

ダンバイントイの中で、ビッグマシーンと一二を争うレアアイテム。
クローバーの「SF FANTASY FIGURE」シリーズ中唯一、 プラスチックと
ダイキャスト製の組み立て式モデルとなっています。
「ダグラム」や「ボトムズ」でおなじみ、 タカラのデュアルモデルシリーズのようなもの。

20030608016.jpg

ふたを開けるとこんなかんじ。ブリスターにパーツ分けされてパックされています。
入手したときからすでに開封済みのものでしたが、いくら価値が下がるとはいえ、
組み立てたい欲求を抑えられるはずがありません!
2個目を手に入れるチャンスがあれば、必ずや未開封で、と自分に言い聞かせます。
可動する関節部品を各パーツに組み込んでいけば、簡単に完成です。

20030608013.jpg

組み立て完了。バンダイのプラモデルに勝る、当時モノとしてはすばらしいプロポーション。
posted by swampy at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション 玩具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

クローバー ビッグマシーン ダンバイン

20030621083.jpg

ダンバイングッズ中、最もパンチ力のあるアイテム!完品で入手するのはなかなか困難です。

20030621037.jpg

外箱はこんなかんじ。これがきれいに残っていれば、レア度倍増。

20030621081.jpg

オーラ・ソードは背中のコンバーターから取り外せますが、手の穴が小さくて持たせることができません‥‥持たせることを考えて、右側だけ穴が空いてると思うのですが。無理に突っ込んで傷が付いたら悲しいので、断念。背中の羽根はもろビニール素材です。ベロンと垂れ下がって少々だらしないです。

20030621066.jpg

キャノピーは開閉できます。ただ黄緑色のクリアパーツが素材に問題あり。何度も開け閉めすると、ポッキリいっちゃう可能性があります。この所有品もかなり危険な状態です。撮影のため、そぉ〜っとご開帳。背中のオーラ・コンバーターの つなぎ目も同様。オークションで出品されているもので、よくこの部分が破損しているものを見かけます。

20030621106.jpg

そして憎いアイテムがこちらのショウのフィギュア。足の付け根、膝が可動してコクピットに乗せることができます。これも欠品が多いアイテム。
posted by swampy at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション 玩具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンバイン

illust_dunbine2.jpg【スペック】
全高 6.9メット
乾重量 4.4ルフトン
オーラ係数 0.92
必要オーラ力 10オーラ
限界オーラ力  
巡航速度 200(250)リル 
最高速度 280(350)リル ※( )ショウ用改造後

【武装】
・ソード
・外装オーラ・ショット
・ワイヤー付きクロー


ショット・ウェポンが聖戦士専用機として試作。三人の地上人に与えられました。


●ショウ・ザマ用(ライト・パープル)
【初登場】 #1「聖戦士たち」 ラース・ワウ
【撃墜】 #49「チャム・ファウ」 太平洋上で 黒騎士のガラバに

#25「共同戦線」で新型のオーラ・コンバーターに換装。#29「ビルバイン出現」で、トッドのビアレスの攻撃によって、コンバーターが暴走してしまいます。そこに現れた新型機ビルバインにショウは乗り換え。以降マーベル・フローズン搭乗機に。


●トッド・ギネス用(ダーク・ブルー)
【初登場】 #1「聖戦士たち」 ラース・ワウ
【撃墜】 #2「ギブンの館」 ギブンの館上空で マーベルのダーナ・オシー

ろくに戦闘せず墜ちる。しかしギブン家が回収して、ショウ・ザマ用のスペアパーツとして有効利用されたようです。よかったね。


●トカマク・ロブスキー用(グリーン)
【初登場】 #1「聖戦士たち」 ラース・ワウ
【撃墜】 #1「聖戦士たち」 イヌチャン・マウンテンで マーベルのダーナ・オシーに
 
着地が上手くできずに、腕立て状態になるのがカワイイ。初陣であっさり墜ちる。


ダントツトップに好きなオーラ・バトラー。

ショウ専用機の、藤色というか、薄紫色のカラーリングには結構ショック受けました。主役機はガンダムみたいに、トリコロールのカラーリングが王道だという固定観念があったのかな?いつ見てもこの配色にはビンビンきます(笑)

たまにプラモとかガレキで、水色に塗ってるのを見ると腹立ちますね。PSのゲーム「聖戦士伝説」では、自分用が水色、ショウ用が藤色と、ちゃんと区別されていて、安心したものです。ショウ用を英雄として崇められました。

私、色弱なんですけど、この色の差には激しくこだわりがあるんですよね。フェチの領域です。
posted by swampy at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | オーラ・バトラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。