2007年03月23日

【聖戦士伝説 攻略の旅】エンディング2

基本的なルートはエンディング1とほぼ同じ。今回はイヌチャン・マウンテンでトカマクを落として、エンディング1の条件を満たさないようにし、その先に進みます。最終条件は、ガラリアと地上に浮上してしまうのを避け、エルフ城を守りきることです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
○第1章 マシン胎動 共通ルート○
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


 謁見隊を送らない
 ↓
 オーラ・マシン開発着手
 ↓
 ガロウ・ラン討伐に同行しない。

ここは前回と違う選択肢を選んで、用語辞典のワード稼ぎをしてみようと思ったんですが、あんまり意味無いですね;

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
○第2章 聖戦士たち 共通ルート○
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 王の死を知らせる
 ↓
 強獣退治に協力しない
 ↓
 なんともお答えできません
 ↓
 ニーに協力する
 ↓   [AM]ダーナ・オシー フォウ
 マーベル脱走ギブン家に伝える
 ↓
 マーベル脱走に協力する

ギブン家に協力し、マーベルを救出する。ここの流れはエンディング1と変わりありません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
○第3章 天と地と ロウルート○
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 ラース・ワウに潜入
 ↓
 黒髪のノッポと金髪
 ↓
 こちらの優位を主張
 ↓
 俺も一緒に行きます
 ↓   [PILOT]トッド [AM]ダンバイン(トッド用)
 ギブン家会談出席
 ↓   [AM]ダンバイン
 ラース・ワウを奇襲する
 ↓
 ミの国に向かう

トッドとトカマクを説得し、イヌチャン・マウンテンでの戦闘でトカマクを倒します。味方になる駒は減ってしまいますが、トカマクは最弱なのでよしとしましょう…。その後フリーシナリオ「イヌチャン・マウンテン」でダンバインを入手できます。

この章最後、ミの国に向かってからはエンディング1と同じく、ピネガン王を生存させた状態にしました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
○第4章 東京上空 ロウルート○
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 自らラウに向かう
 ↓
 リの国へ戻る
 ↓
 エルフ城防衛
 ↓   [ITEM]カ・オスソード
 夜襲をしかける
 ↓
 ガラリアとの一騎打ちを避ける

ラウの国のタータラ城へ行くと、フォイゾン王から技術提供を受けるか聞かれますが、ここで受けるとこたえても、ピネガン王が生存しているとなにも変化はありません。死亡の場合、ボゾンをゲットできます。戦力強化できぬまま、アルダム&ダンバインで突貫します!

ドレイク砦への夜襲を終え、エルフ城での二連戦が待っています。一戦目の後、ガラリアのバストールが登場し勝負を求められますが、これを受けると地上に浮上してしまうので、ここは逃げます。代わりにショウが飛ばされてくれます。

一戦目のダメージを引きずったまま二戦目に突入します。ゼラーナ隊の応援もありません。装甲を装備するか、DP回復キットを持たせ、守りを強化しておきましょう。

激戦を勝利すればいよいよ最終戦です。バーンに新しい三人の地上人、それにドレイク、ショット、ミズルの3オーラ・シップ軍団が待ちかまえます。110ターンの制限があるので、素早く城の表へ出て、両翼からジワジワと包囲網を狭めていきましょう。シュンジの最終LVは19でした。


================
マシン図鑑完成度
================
 21/55
01シュット
02ミュー
03ドロ
06フォウ
07バラウ
09ジームルグ
10ゲド
11ダーナ・オシー
12ドラムロ
13ダンバイン
15ビランビー
18バストール NEW!
19ボゾン NEW!
28アルダム
31アマゴローン
32ガッター
34ルグウ
35ドラウゲン
36P-ドラグーン
38ナムワン
40ブル・ベガー

================
用語辞典完成度
================
 135/291
posted by swampy at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 考察・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。