2007年03月21日

第13話 トッド激進

【放送日】'83 4/30 
【脚本】 富田祐弘
【演出】 井内秀治
【ストーリーボード】 井内秀治
【作画監督】 篠田章
【作画監修】
【原画】 外記康義 秋野洋一 山田政妃 平田一清 小林利充
【動画】 大曽根真知子 小倉貞雄 佐藤浩雅
【動画チェック】 平野謙一
【色指定】 吉野記通
【仕上】 スタジオ・ディーン
【背景】 スタジオ・ユニ 内田建彦 山田秀一
【制作進行】 目崎一彦

【キャスト】
ショウ・ザマ 中原茂
マーベル・フローズン 土井美加
ニー・ギブン 安宅誠
キーン・キッス 高田由美
リムル・ルフト 色川京子
ドレイク・ルフト 大木正司
ルーザ・ルフト 火野捷子
バーン・バニングス 速水奨
ショット・ウェポン 田中正彦
トッド・ギネス 逢坂秀実
ドワ・グロウ/ナレーター 若本紀昭
チャム・ファウ 川村万梨阿
ドルプル・ギロン 戸谷公次
コタノ・ルオ 江口晴康
フォイゾン・ゴウ 西村知道
posted by swampy at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | スタッフ&キャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

その他のグッズ

MARUCHU ビーチサンダル

TS340036.jpg

レアな子供用品、ビーチサンダル。長さは20pほど。
「Astro Beam」なんていう無駄にかっこいい商品名。

TS340037.jpg

珍しい点を上げるとすれば、ダンバインに加え
ビルバインが柄に入っていること!


posted by swampy at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

第12話 ガラリアの追跡

【放送日】'83 4/23 
【脚本】 渡邉由自
【演出】 菊池一仁
【ストーリーボード】 菊池一仁
【作画監督】 佐久間信計
【作画監修】 
【原画】 佐久間信計 内田よりひさ さくましげ子 山田政妃 外記康義
【動画】 スタジオ・ダブ 柏田涼子 小沢俊一
【動画チェック】 平野謙一
【色指定】 村瀬幸司
【仕上】 スタジオ・ジャスト サンライズ・スタジオ
【背景】 プロダクション・アイ 山本順子 中山益男
【制作進行】 中川一敏

【キャスト】
ショウ・ザマ 中原茂
マーベル・フローズン 土井美加
チャム・ファウ 川村万梨阿
ニー・ギブン 安宅誠
キーン・キッス 高田由美
ドレイク・ルフト 大木正司
バーン・バニングス 速水奨
トッド・ギネス 逢坂秀実
ショット・ウェポン 田中正彦
ガラリア・ニャムヒー 西城美希
ナレーター 若本紀昭
エレ・ハンム 佐々木るん
パットフット・ハンム 山岡葉子
フォイゾン・ゴウ 西村知道
ドルプル・ギロン 戸谷公次
コタノ・ルオ 江口晴康
占い師 小宮和枝
posted by swampy at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ&キャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第11話 キロン城攻防

【放送日】'83 4/16 
【脚本】 渡邉由自
【演出】 関田修
【ストーリーボード】 斧野稔
【作画監督】 佐々門信芳
【作画監修】 
【原画】 佐々門信芳
【動画】 瀬沼靖治 広岡光昭 SID
【動画チェック】 平野謙一
【色指定】 吉野記通
【仕上】 スタジオ・ディーン
【背景】 スタジオ・ユニ 内田建彦 西川淳一郎
【制作進行】 山口美浩

【キャスト】
ショウ・ザマ 中原茂
マーベル・フローズン 土井美加
チャム・ファウ 川村万梨阿
ニー・ギブン 安宅誠
キーン・キッス 高田由美
ドレイク・ルフト 大木正司
トッド・ギネス 逢坂秀実
ガラリア・ニャムヒー 西城美希
ドワ・グロウ/ナレーター 若本紀昭
エレ・ハンム 佐々木るん
ピネガン・ハンム 中村秀利
パットフット・ハンム 山岡葉子
ホン・ワン/コタノ・ルオ 龍田直樹
ショタン・コシュ 益富信孝
posted by swampy at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ&キャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第10話 父と子

【放送日】'83 4/9 
【脚本】 富田祐弘
【演出】 鈴木行
【ストーリーボード】 鈴木行
【作画監督】 遠藤栄一 大森英敏
【作画監修】 湖川友謙
【原画】 遠藤栄一 坂本英明 大森英敏 矢木正之 湖川友謙
【動画】 詫祐二 所智一 寺東克己 辻清光 大西清美 恩田尚之 窪岡俊之 湯本慶久 渡辺淳一 北爪宏幸
【動画チェック】 
【色指定】 戸部尚代
【仕上】 松井望 スタジオ・九魔 サンライズ・スタジオ
【背景】 スタジオ・イースター 東潤一 鈴木国生
【制作進行】 渡辺努

【キャスト】
ショウ・ザマ 中原茂
マーベル・フローズン 土井美加
チャム・ファウ 川村万梨阿
ニー・ギブン 安宅誠
キーン・キッス 高田由美
バーン・バニングス 速水奨
トッド・ギネス 逢坂秀実
ガラリア・ニャムヒー 西城美希
ドワ・グロウ/ナレーター 若本紀昭
ゼット・ライト 立木文彦
ミズル・ズロム 戸谷公次
キブツ・キッス 植田敏生
ホン・ワン/コタノ・ルオ 龍田直樹
部下A(ミズマヤ) 小出和明
老婆 山田礼子
posted by swampy at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ&キャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーベル・フローズン

marvel2.jpg私の大好きなマーベルさんでございます。
もともとはブログではなくホームページを作ろうと思っていて、
そのトップページ用に描いたモノです。設定では18歳ですが、
大人っぽく描いてみました。背景は‥‥手抜きです。








posted by swampy at 20:05| Comment(4) | TrackBack(0) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

聖戦士ダンバイン 〜聖戦士伝説〜

20030630007.jpgプレイステーション用のシミュレーション・ゲーム。2000年3月4日発売。プライスダウン版のザ・ベストは2001年7月12発売。

これが発売された当時はバンダイのHGABリリースで盛り上がっていた時期でありまして。あれ以上の熱気が今後やってくるのかどうか。出渕氏に期待するしかないのでしょうか。

電撃PlayStationの攻略本の表紙は開田裕治描き下ろし。むしろこっちのイラストが、ゲームのパッケージだったら良かったのでは、と思いたくなるほど迫力ありで良いです。

さて、ゲーム内容。アニメ本編で勇ましい伝令さんがちらっと出てくる、あのリの国が主役です。これは熱い。いきなりゲドのコクピットに主人公が召還されるという唐突さで、富野氏談、ショウの「戦わず一晩寝ちゃう主人公失敗説」を払拭?

リの国のメンバーが野郎共ばかりだったのがちょっと残念。ラージャあたりがギャルだったら最弱でも我慢して使えたのに。姫様とか登場させる案はなかったのですかね。お供のミ・フェラリオ、フィナも個人的には不満。上品なキャラというのがなんだかなぁ。はすっぱなのがミ・フェラリオだと思っていたものですから。

ポリゴンの戦闘アニメは単純な動きながら、ファンにとっては燃えます。が、全部見ているとロードも長く、プレイ時間がかかりすぎます。なので初見のオーラ・マシンの戦闘を見る以外は簡易戦闘にしてやってました。簡易戦闘でゲームをすすめる地味さといったら‥‥

ワードを集める事典はコンプするまでに至っていませんが、オーラ・マシンをコンプでお腹いっぱいです。隠しモードでゼラーナ隊が主役の王道ストーリーっていうのもやってみたかったです。ゼラーナ隊が仲間にできるのが後半のちょっとだけでしたから。

ダンバインに思い入れのある人なら何度も楽しめると思います。不完全燃焼の感はありますが、ダンバイン単体でこれだけのものを作ってくれた開発者に感謝。

C.V.
シュンジ・イザワ 上田祐司
フィナ・エスティナ 杉本ゆう
ショウ・ザマ 中原茂
マーベル・フローズン 土井美加
ニー・ギブン 安宅誠
バーン・バニングス 速水奨
ガラリア・ニャムヒー 伊倉一恵
トッド・ギネス 堀内賢雄
ミュージィ・ポー 横尾まり
ジェリル・クチビ 大塚智子
フェイ・チェンカ 橋本晃一
ナレーション 若本規夫
posted by swampy at 16:19| Comment(3) | TrackBack(1) | コレクション ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

バンダイ LCDゲームデジタル 聖戦士ダンバイン

photo_other03.jpg

バンダイの液晶ゲーム。アニメが放送されたのは1983年。この年はファミコンが発売された年でもあります。「カセットビジョン(エポック社)」、「インテレビジョン(バンダイ+マテル社)」、「ぴゅう太(トミー)」、「SG-1000(セガ)」など、カートリッジ式の家庭用ゲーム機が続々と登場する中、任天堂の「ゲーム&ウォッチ」を代表とする携帯ゲームは、その手軽さを武器に各メーカーから数々の名作が生み出されました。

ファミコンや液晶ゲームをやり込んでいた私ですが、ダンバインの液晶ゲームがあるとは当時知りませんでした。もう少し登場するのが遅かったなら、ファミコンでのゲーム化もあったかもしれませんね。

photo_other04.jpg

自機はダンバイン。敵はドラムロ、ビランビー、バストール。序盤に登場するABたちです。ゲーム内容は2つのパートから成っていて、ABを攻撃しつつリムルを救い出すことが目的です。この「お姫様救出」的なところがレトロゲームらしいですね。

Aパートはドラムロとの空中戦です。上空のドラムロを捉え、タイミングのいいところで剣で攻撃します。ここでの操作法に関しては、説明書を読み、ちょっとしたコツを掴まないと、ドラムロへの攻撃法が分からず、Bパートへ進むことができません。雲のグラフィックの移動で横スクロール感を表現しているのですが、これがなかなかスピード感があって熱いチェイスが楽しめます。

次はBパートへ。城に潜入し、ビランビー、バストール、ドラムロとの戦闘になります。それぞれの攻撃をかわし、ビランビーに10回ほど攻撃がヒットすると、さらに内部へ。このパートを3連勝すると、めでたくリムルを救出です。何度救出を試みても、また振り出しに戻るのはある意味本編に忠実かもしれません(笑)
posted by swampy at 21:24| Comment(0) | TrackBack(2) | コレクション ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

〜オーラ・マシン比較図〜

最終戦で登場する各国の巨大戦艦のデータを見ていて最も驚くのは、クの国のオーラ・バトル・シップ、ゲア・ガリングの巨大さです。全長320メット、全高400メット、全巾1400メット。メットという単位は、地上でいうメートルと同じですので、横幅が1400mもあるということです。劇中ではその大きさはなかなか実感できません。そこで設定資料のサイズを参考に比較をしてみました。ご覧あれ。

am_graph3.gif
posted by swampy at 23:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 考察・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

第9話 天と地と

【放送日】'83 4/2 
【脚本】 富田祐弘
【演出】 今川泰宏
【ストーリーボード】 今川泰宏
【作画監督】 坂本三郎
【作画監修】
【原画】 坂本三郎 福島善晴 大島城次 杉山東夜美
【動画】 山本みどり 今井幸恵 中谷マリ
【動画チェック】 平野謙一
【色指定】 戸部尚代
【仕上】 スタジオ・ディーン 吉野記通
【背景】 スタジオ・ユニ 内田建彦 土師勝弘
【制作進行】 杉島邦久

【キャスト】
ショウ・ザマ 中原茂
マーベル・フローズン 土井美加
チャム・ファウ 川村万梨阿
ニー・ギブン 安宅誠
キーン・キッス 高田由美
トッド・ギネス 逢坂秀実
ガラリア・ニャムヒー 西城美希
ドワ・グロウ/ナレーター 若本紀昭
ジャコバ・アオン 吉田理保子
乳母 野崎きみ子
ハロウ・ロイ 不明
posted by swampy at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ&キャスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。